Regional
移住先探しを支援する地域口コミサイト

埼玉県熊谷市

 2.3/5 (4)
読み方 くまがやし
総面積 15,982 ha
総人口 194,415 人
80,153 世帯(2020年時点)

熊谷市ってどんな街?特徴は?

  • 「元荒川ムサシトミヨ生息地」は環境省が全国各地から選定した、名水100選のスポットの1つ
  • 「熊谷桜堤」の春の桜は9つの基準を経て日本さくら名所100選にも選ばれたスポット
  • 「雪くま、熊谷うどん、妻沼茶豆スイーツ、五家宝」などは、熊谷市ならではのご当地グルメ、郷土料理
  • 「秩父鉄道、リード、バナーズ」は熊谷市に本社を置いている上場企業
  • 「川と川 環境共生都市 熊谷」が熊谷市のキャッチコピー
    目次
  1. 魅力や特色、住みやすさ、住んで感じるメリットや満足度は?
  2. 暮らしてわかる不便や生活のしにくさ、デメリットや残念な点は?
  3. 愛される飲食店、人気店、ご当地グルメやソウルフードは?
  4. 住むのにおすすめのエリア、あまりおすすめしないエリアは?
  5. 子育てのしやすさ、子供の医療費助成や子育て支援の充実度は?
  6. 子供の進学事情や通学事情、学校の選択肢や特徴、主な進路は?
  7. 公共交通機関(電車、バス、空港等)の利便性や充実度は?
  8. 生活にかかる水道光熱費(電気、ガス、水道)の高さ、低さは?
  9. ごみの出し方、分別ルールや指定ごみ袋の有無、回収の頻度は?
  10. 住宅費の相場感、物件選択肢の豊富さ、家探しの注意点は?
  11. 移住先に選んだ理由、決め手になった出来事や移住後の感想は?

魅力や特色、住みやすさ、感じるメリットや満足度は?

評価平均  3/5 (1)
  • 子供の医療費は18歳まで市の助成があり、子育て世帯は住みやすい街だと思います。日々の買い物などの移動は基本的に車にはなると思いますが、スーパーやドラッグストア、コンビニ等はもちろん揃っているので日々の生活に支障はありませんし、自然は豊富にある土地です。目立つ特徴があるような市ではないかもしれませんが、ほどよく田舎でほどよく暮らしやすく、人も温かい人が多いとは感じています。
     3/5
    地元出身でずっと地元に住んでいる
    30代前半
    女性
    2022年3月29日
  • 熊谷市を知るからこそわかる魅力や特色、生活する上での住みやすさ、住んで感じるメリットや満足度、どんなタイプ、価値観の移住者におすすめか、ぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    暮らしてわかる不便や生活のしにくさ、デメリットや残念な点は?

    評価平均  1.5/5 (2)
  • 同じ熊谷市内でも住む場所によってはすごく不便な地域もあるので注意した方がいいです。基本的に車がないと生活に支障が出ると思っておいた方がいいですし、最寄り駅まで行くのに車が必要という人も普通にいます。

    また、市全体で盛り上がれる大イベントが「うちわ祭り」と「花火大会」の年4日のみというのも残念なポイント、魅力が弱いポイントだと思います。熊谷と言えば夏、暑い町というイメージが強すぎ、メディアでその他の情報が取り上げられるような機会も少ないです。
     2/5
    地元出身で今は他の都道府県に住んでいる
    30代前半
    女性
    2022年11月9日
  • 市内には娯楽施設があまりありません。家族で熊谷に住むとなると自動車は必須のため、毎月の維持コストは結構かかります。また、熊谷は猛暑で有名な地域なので夏場は電気代が多くかかります。

    近年は大都市圏から移住する人もいますが、住居費が安いからといって戸建を購入すると、通勤に多くの時間がかかるようになり、長い目で見ると見えない拘束時間が増えます。それを嫌って市内で仕事を探しても、ブラック企業や低賃金の会社しかないと感じるので、都心部からの移住はよく考えた方がいいかと思います。
     1/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    40代後半
    男性
    2021年12月23日
  • 熊谷市に暮らしてわかる、他の街と比較した場合の不便や生活のしにくさ、デメリットや残念な点、知っておくべき注意点、後悔を感じたことなどを、ぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    地元で愛される飲食店、人気店、ご当地グルメやソウルフードは?

    • 熊谷市内にあると言われている飲食店数は「893」(事業所ベースの統計・2016年時点)
    評価平均 投稿がありません
    熊谷市内で地元民から愛され、親しまれている飲食店、その店の看板メニュー、ご当地グルメやソウルフード、昔から受け継がれている郷土の食文化等をぜひお教えください。
    (低←標準3→高)

    これから住むのにおすすめのエリア、おすすめしないエリアは?

    評価平均  3/5 (1)
  • 熊谷市の籠原駅周辺はJR高崎線の始発、終点駅のため、埼玉県の中では結構住みやすい場所だと思っています。隣の熊谷駅には映画館もあって、新幹線も通っていますし、籠原の中にもベルクやヤオコー、マミーマートなどのスーパー、ドラッグストアがあり、集合住宅もたくさんあって、田舎すぎず、住み心地はいいように感じます。

    一方で熊谷市内で個人的に住みづらいなと思うのは妻沼という地区です。熊谷市の中心部を北に上がった地区になりますが、田舎なのでスーパーの数も少なく、交通の便に関してもバスが1時間に1本程度といった感じです。群馬には車で10分程度でアクセスできるため、太田市が近い立地になるエリアです。
     3/5
    地元出身でずっと地元に住んでいる
    20代前半
    男性
    2022年9月20日
  • 熊谷市内への移住を検討している方のために、これから住むのにおすすめのエリア、またはおすすめしないエリアを1つだけ挙げ、具体的な理由、特色等をぜひお教えください。
    (低←標準3→高)

    子育てのしやすさ、子供の医療費助成や子育て支援の充実度は?

    • 熊谷市内で暮らす15歳未満の子供の人口は「23,986人」(2015年時点)
    評価平均 投稿がありません
    熊谷市の子育てのしやすさ、子供の医療費助成の内容や小児科、総合病院などの医療施設事情、自治体の子育て支援の内容や特徴、充実度など、地域の子育て環境をぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    子供の進学事情や通学事情、学校の選択肢や特徴、主な進路は?

    • 熊谷市内にある幼稚園の数は「11(園)」、小学校は「30(校)」(2019年時点)
    • 熊谷市内にある中学校の数は「17(校)」、高校は「7(校)」(2019年時点)
    評価平均 投稿がありません
    熊谷市に住む子供たちの進学事情、公立校や私立校の多さ少なさ、地域でよく知られている学校やそれぞれの学校の特徴、地元の通学事情や一般的な進路について、ぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    電車やバス路線の利便性、充実度、地元の道路交通事情は?

    • 熊谷駅は上越新幹線ときの停車駅
    評価平均 投稿がありません
    熊谷市の公共交通機関(電車・バス)の充実度、利便性の良い地域、良くない地域、路線数や運行本数の多さ少なさ、運賃の高さ低さ、地元の道路交通事情等をぜひお教えください。
    (低←標準3→高)

    生活にかかる水道光熱費(電気、ガス、水道)の高さ、低さは?

    • 熊谷市の水道料金の目安は「2,538円/1ヶ月(口径13mm、使用量20m3の場合)」。全国平均3,241円(2019年度)
    評価平均 投稿がありません
    他の市区町村と比較して、熊谷市で暮らす上での水道光熱費(電気、ガス、水道)が高い、低い、標準程度か、ぜひ実情を詳しくお教えください。
    (低←標準3→高)

    ごみの出し方、分別ルールや指定ごみ袋の有無、回収頻度は?

    評価平均 投稿がありません
    移住を考えている方のために、熊谷市のごみの出し方、分別のルールや指定ごみ袋の有無、回収の頻度、自治体のルールについて思うことなどをぜひ詳しくお聞かせください。
    (低←標準3→高)

    住宅費の相場感、物件選択肢の豊富さ、家探しの注意点は?

    評価平均 投稿がありません
    熊谷市内の住宅費用(賃貸、購入、土地価格)の相場感や傾向、どんな物件タイプ(戸建、マンション、アパート)、間取りの物件が多いか少ないか、この地域特有の住宅事情やご自身の住宅費用の実例、家を探す際の注意点やアドバイスをぜひ具体的にお聞かせください。
    (低←標準3→高)

    移住先に選んだ理由、決め手になった出来事や移住後の感想は?

    評価平均 投稿がありません
    全国に様々な市区町村、移住候補先が存在する中で、最終的に熊谷市を選んだ理由、移住の決め手となった出来事、移住後の感想や移住を考えている方へのアドバイスをぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    空き家バンクの物件をチェックしてみる

    空き家バンクは自治体が主体となって地元の空き家物件の情報を収集、提供しているサービスで、空き家を貸したい人や売りたい人と、借りたい人や買いたい人をつなぐ情報を公開しています。仲介手数料が必要ないため、手頃な価格の物件を見つけやすいという特徴があります。

    熊谷市の人口、医療、学校、就業者等の統計データ

    総面積(k㎡) 159.82 2019年
    総人口(人) 198742 2015年
    15歳未満人口(人) 23986 2015年
    15~64歳人口(人) 122319 2015年
    65歳以上人口(人) 52007 2015年
    転入者数(人) 7546 2019年
    転出者数(人) 7394 2019年
    総世帯数(世帯) 77004 2015年
    婚姻件数(組) 833 2019年
    一般病院数(施設) 10 2018年
    一般診療所数(施設) 156 2018年
    歯科診療所数(施設) 109 2018年
    医師数(人) 359 2018年
    歯科医師数(人) 147 2018年
    保育所等数(所) 39 2018年
    幼稚園数(園) 11 2019年
    小学校数(校) 30 2019年
    中学校数(校) 17 2019年
    高等学校数(校) 7 2019年
    持ち家数(戸) 58360 2018年
    借家数(戸) 17700 2018年
    小売店数(事業所) 1514 2016年
    飲食店数(事業所) 893 2016年
    大型小売店数(事業所) 25 2016年
    百貨店・総合スーパー数(事業所) 2 2016年
    図書館数(館) 6 2018年
    労働力人口(人) 100070 2015年
    就業者数(人) 95450 2015年
    第1次産業就業者数(人) 2870 2015年
    第2次産業就業者数(人) 24855 2015年
    第3次産業就業者数(人) 62516 2015年
    自市区町村で従業する就業者数(人) 51862 2015年
    他市区町村への通勤者数(人) 39686 2015年
    財政力指数 0.89 2018年
    実質収支比率 11.9 2018年
    ※出典:統計でみる市区町村のすがた2021(総務省統計局)
    PAGE TOP