Regional
移り住む人を支援する地域口コミサイト

北海道帯広市

 3.7/5 (11)
読み方 おびひろし
総面積 61,934 ha
総人口 166,536 人
80,175 世帯(2020年時点)
帯広市西1条南11丁目、元祖 豚丼のぱんちょう

帯広市ってどんな街?特徴は?

  • 「帯広市は地方創生UIJターン移住支援金の対象地域」(東京圏からの移住に最大100万円/2022年度)
  • 「ながいもの収穫量」で日本一となっているのが帯広市
  • 「なつぞら(連続テレビ小説)」は帯広市が舞台、ゆかりの地になっている作品
  • 「六花亭、帯広豚丼、中華ちらし、インデアンカレー」などは、帯広市ならではのご当地グルメ、郷土料理
  • 「ダイイチ」は帯広市に本社を置いている上場企業
  • 「人と環境にやさしい 活力ある 田園都市 おびひろ」が帯広市のキャッチコピー
    目次
  1. 帯広市に移住する魅力、住みやすさ、メリットや満足度は?
  2. 帯広市に暮らしてわかるデメリット、不満や注意点は?
  3. 帯広市で愛される、人気のある飲食店、ご当地グルメやソウルフードは?
  4. 帯広市内で住むのにおすすめのエリア、あまりおすすめしないエリアは?
  5. 帯広市の子育てのしやすさ、子供の医療費助成や子育て支援の充実度は?
  6. 帯広市の公共交通インフラ(電車、バス)の利便性、地元の道路事情は?
  7. 帯広市の生活にかかる水道光熱費(電気、ガス、水道)の高さ、低さは?
  8. 帯広市のごみの出し方、分別ルールや指定ごみ袋の有無、回収の頻度は?
  9. 帯広市内の住宅費の相場感、物件選択肢の豊富さ、家探しの注意点は?
  10. 帯広市を移住先に選んだ理由、決め手になった出来事やアドバイスは?

帯広市に移住する魅力、住みやすさ、住んでわかるメリットや満足度は?

評価平均  4/5 (2)
  • 帯広は自然がとても豊かな地域です。近年は交通網も良くなってきて、札幌まではJR線で3時間弱、車だと高速道路を利用して2時間30分くらいといった感じです。毎日の生活に関しては市内に沢山の店があるため、困ることはありません。東京への直行便も帯広から出ているため、関東からの利便性も良いと思います。

    都会から田舎へ生活拠点を変える際は大きな決断をしなくてはいけませんが、私自身も東京から10年前に移住し、今は良かったと思っています。周囲にも移住してきた方が案外多く、住みやすい町という言葉を沢山聞いています。行政の方も移住者向けに住宅等の準備をしているため、一度調べてみると良いかと思います。
     4/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    40代前半
    男性
    2022年5月2日
  • 自然豊かな景色が溢れ、野菜、肉類等の食材も美味しく、北海道の中でも比較的雪が少ない方で天気が良い日が多いです(十勝晴れ)。酪農家が多い街なので自然、動物が好きな人は恐らく移住に向いていると思います。子育てについても大体の皆さんが協力的で明るい方だと思うのでそんなに大きな心配はいらないでしょう。日々の食料品の買い物についても車があれば近傍に店が多いので特には困らないと思います。帯広市に来てみるときっとすべてが分かり、後悔はしないのではないかと思います。
     4/5
    地元出身でずっと地元に住んでいる
    50代後半
    男性
    2022年2月4日
  • 帯広市を知るからこそわかる魅力、実際の生活を送る上での住みやすさ、住んで感じるメリットや満足度、誇らしく感じたり自慢できると思える点、どんなタイプ、考え方の移住者の方におすすめかをぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    帯広市の暮らしのデメリット、注意点や不満、後悔や失敗と思うことは?

    評価平均 投稿がありません
    帯広市での暮らし、生活を知るからこそわかる大きな不満や小さな不満、他の都市や街と比較して感じるデメリットや注意点、実際に移住してみて後悔した、失敗したと感じたこと、どんなタイプ、考え方の移住者の方にはあまりおすすめできないかをぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    帯広市で愛される、人気のある飲食店、ご当地グルメやソウルフードは?

    • 帯広市内にあると言われている飲食店数は「1,378」(事業所ベースの統計・2016年時点)
    評価平均  3.9/5 (7)
  • 帯広で有名な元祖豚丼の店と言えば「ぱんちょう」です。炭火で焼いた香ばしい豚肉と甘辛い醤油ベースのタレを絡め、それをご飯の上にのせて食べる帯広名物のメニューです。店は帯広駅の真正面を歩いてすぐの場所にあり、サイズは松竹梅華を選ぶとそれによって豚肉の枚数が変わってきます。

    ちなみに一般的には「松」が上等というイメージだと思いますが、この店の場合は肉の枚数が松は4枚、竹は5枚、梅が6枚、華が8枚となっていて、松が最も安いメニューです。個人的なおすすめは1300円の華で、丼の蓋から肉がはみ出ていて、蓋を開けると一気に肉の香りが立ちます。タレの味と豚肉の旨味でどんどんご飯が進んでしまう丼です。
     4/5
    旅行・観光・好きで訪れていた
    30代後半
    男性
    2022年5月18日
  • 帯広・十勝を中心に展開しているカレーライスショップ「インデアン」は地元でも馴染み客の多い人気店です。1968年創業、懐かしく素朴な味のカレーが地元のあらゆる世代に愛され、道東では知らない人がいないというくらいの知名度です。ここはイートインはもちろんテイクアウトもでき、地元民は持参した鍋に入れて持ち帰っています(もちろんテイクアウトの容器も販売しています)。

    カレーのルーは「ベーシックルー」「インデアンルー」「野菜ルー」の3種類から選べ、ルーの種類とトッピング、辛さをオーダーすると5分から10分程度でカレーがやってきます。店の外観は昔のインドのお城をイメージしたようなベージュで統一されていて、店内もインドの雰囲気かと思いきや、各店舗ごとに様々な映画のポスターが貼られています。
     4/5
    旅行・観光・好きで訪れていた
    40代後半
    女性
    2022年4月23日
  • 帯広に住む人なら「大光」というラーメン店は知っている人が多いです。豚骨をベースに醤油、塩などのメニューがあり、チャーシュー麺にもできます。あっさり感のあるスープでありながらコクもしっかりあり、クセになる人が多いです。ここは帯広以外から来る人もいて、昼時は外まで待つ人が出るほどです。温かい接客で癒しのあるおばさんが一人で切り盛りしていてとても感じのいい店です。
     3/5
    地元出身でずっと地元に住んでいる
    30代前半
    女性
    2022年2月21日
  • 帯広のご当地グルメと言えば「豚丼」ですが、中でも「はなとかち」は美味しい店です。通常の豚丼はロース肉を使用していますが、この店ではロースに加えてバラ肉も使っていて、その「半ばら豚丼」が名物メニューになっています。豚丼のタレの味付けは醤油ベースの甘辛ですが、濃すぎずあっさり感もあります。また、添えられている山わさびが良いアクセントになっていて、いくらでも食べられるくらいの美味しさです。中盛は肉が花を開いたような盛り付けになっていて、綺麗で写真映えも良いです。
     4/5
    旅行・観光・好きで訪れていた
    40代前半
    男性
    2022年2月15日
  • 「ジンギスカン白樺 帯広本店」は1957年創業で、代々味が受け継がれてきた老舗です。ここは選び抜いた羊肉をこだわりのカット技術で絶妙に仕上げ、漬けダレは青森産のりんごや北見産の玉ねぎなどを使用して仕上げた甘口の醤油ダレです。店がある場所はJR帯広駅から郊外へ車を走らせ、約45分の辺りですが、営業時間が11時から14時までと短く、材料がなくなり次第終了の人気店のため、上手くスケジュールを組まないと食べられないこともあります。ただ、そこまでしても食べにいきたくなるジンギスカン店だと思います。
     4/5
    旅行・観光・好きで訪れていた
    30代後半
    女性
    2022年2月1日
  • 帯広が本店でチェーン展開している「平和園」という焼肉屋さんがおすすめです。レトロなおもちゃが沢山飾られている店で、小上がりや仕切られた個室などもあり、落ち着いて焼肉が楽しめます。個人的なおすすめは「ジンギスカン定食」で、600円程度という驚きの安さなのに、ボリューム、味ともに満足できます。甘辛く味付けされたジンギスカンと一緒にご飯を食べると幸せなる気分になれます。お味噌汁やサラダまでついているのでお得感は凄いです。
     4/5
    旅行・観光・好きで訪れていた
    40代後半
    女性
    2022年1月28日
  • 「あんじゅ」という焼肉店の牛タンがとても美味しいです。お肉は柔らかく、厚切りでも簡単に噛み切れます。値段的には少し高いものの、高いだけの価値はあるくらいの美味しさだと思います。社会人になりたての私には少し厳しい金額ではあるものの、ちょっとしたお祝い事や贅沢をしたい時に行きたくなるお店です。ちなみにジンジャーエールやサイダーなどをオーダーすると瓶ごと出してくれるのですが、その瓶がレトロな感じでまた可愛いです。
     4/5
    地元出身でずっと地元に住んでいる
    20代前半
    女性
    2022年1月2日
  • 帯広市で長らく愛され親しまれている、人気の飲食店、その店の看板メニュー、ご当地グルメ、ソウルフード、昔から受け継がれている郷土の食文化等をぜひお教えください。
    (低←標準3→高)

    帯広市でこれから住むのにおすすめのエリア、おすすめしないエリアは?

    評価平均  3/5 (1)
  • 帯広駅のある中心街はホテルなどが立ち並んでいます。南側の地域は清流地区が新しく作られ、住んでいる人も若者が多めですが、この辺りは大型スーパーがイトーヨーカドーしかありません。また、大空地区はベットタウンなのでスーパーもないですし、街からは遠いです。こういった感じで南側地域はベットタウンで一軒家は建てやすいものの、利便性はそんなによくないです。一方で東側地域は比較的お金持ちの人が多く住んでいて、住宅費もそれなりになります。北側地域の白樺、柏林台周辺はドリームタウンと呼ばれる商業施設が近く、最近一番人気がある地域だと思います。西側地域は商業施設もメガドンキホーテくらいしかなく、あとはちらほらスーパーある程度で街からは遠いです。
     3/5
    地元出身でずっと地元に住んでいる
    30代前半
    女性
    2022年2月22日
  • 帯広市内への移住を検討している方のために、これから住むのにおすすめのエリア、またはおすすめしないエリアを1つだけ挙げ、具体的な理由、特色等をぜひお教えください。
    (低←標準3→高)

    帯広市の子育てのしやすさ、子供の医療費助成や子育て支援の充実度は?

    • 帯広市内で暮らす15歳未満の子供の人口は「20,566人」(2015年時点)
    • 帯広市内にある幼稚園の数は「13(園)」、小学校は「26(校)」(2019年時点)
    • 帯広市内にある中学校の数は「14(校)」、高校は「8(校)」(2019年時点)
    評価平均 投稿がありません
    帯広市内で子供を育てる場合の全体的な子育て環境、自治体の出産、子育て相談、医療費助成のサポート状況、いざという時の医療機関の充実度や不足度、子供の保育先や待機児童について、教育進学先の選択肢の多さ、少なさ等をぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    帯広市内の電車やバス路線の充実度、利便性、地元の道路交通事情は?

    評価平均 投稿がありません
    帯広市の公共交通機関(電車・バス)の充実度、利便性の良い地域、良くない地域、路線数や運行本数の多さ少なさ、運賃の高さ低さ、地元の道路交通事情等をぜひお教えください。
    (低←標準3→高)

    帯広市の生活にかかる水道光熱費(電気、ガス、水道)の高さ、低さは?

    • 帯広市の水道料金の目安は「4,050円/1ヶ月(口径13mm、使用量20m3の場合)」。全国平均3,241円(2019年度)
    評価平均 投稿がありません
    他の市区町村と比較して、帯広市で暮らす上での水道光熱費(電気、ガス、水道)が高い、低い、標準程度か、ぜひ実情を詳しくお教えください。
    (低←標準3→高)

    帯広市のごみの出し方、分別ルールや指定ごみ袋の有無、回収頻度は?

    評価平均  3/5 (1)
  • 帯広市のルールでは分別が燃やせるごみ、燃やせないごみ、資源ごみの大きく3つに分かれています。資源ごみの中にはペットボトル、ビン類、かん類、紙パック、プラスティック製の容器包装、紙製の容器包装が含まれています。回収頻度に関しては燃やせるごみが週2回、燃やせないごみが偶数日の水曜日(地域により異なる)、資源ごみは週1回です。指定ごみ袋については相応の値段だと思っていますが、なるべくごみが出ないようには気をつけています。毎度ごみを分別するのは大変ですが、もう習慣化しているので当たり前にはなっています(決められたことなので仕方ない)。
     3/5
    地元出身でずっと地元に住んでいる
    50代後半
    男性
    2022年3月23日
  • 移住を考えている方のために、帯広市のごみの出し方、分別のルールや指定ごみ袋の有無、回収の頻度、自治体のルールについて思うことなどをぜひ詳しくお聞かせください。
    (低←標準3→高)

    帯広市内の住宅費の相場感、物件選択肢の豊富さ、家探しの注意点は?

    評価平均 投稿がありません
    帯広市内の住宅費用(賃貸、購入、土地価格)の相場感や傾向、どんな物件タイプ(戸建、マンション、アパート)、間取りの物件が多いか少ないか、この地域特有の住宅事情やご自身の住宅費用の実例、家を探す際の注意点やアドバイスをぜひ具体的にお聞かせください。
    (低←標準3→高)

    帯広市を移住先に選んだ理由、決め手になった出来事やアドバイスは?

    評価平均 投稿がありません
    全国に様々な市区町村、移住候補先が存在する中で、最終的に帯広市を選んだ理由、移住の決め手となった出来事、どんなタイプ、考え方、価値観を持った移住者の方に帯広市はおすすめか、注意点やアドバイスをぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    帯広市の人口、医療、学校、就業者等の統計データ

    総面積(k㎡) 619.34 2019年
    総人口(人) 169327 2015年
    15歳未満人口(人) 20566 2015年
    15~64歳人口(人) 103890 2015年
    65歳以上人口(人) 44636 2015年
    転入者数(人) 7389 2019年
    転出者数(人) 7532 2019年
    総世帯数(世帯) 77707 2015年
    婚姻件数(組) 871 2019年
    一般病院数(施設) 18 2018年
    一般診療所数(施設) 102 2018年
    歯科診療所数(施設) 96 2018年
    医師数(人) 501 2018年
    歯科医師数(人) 145 2018年
    保育所等数(所) 26 2018年
    幼稚園数(園) 13 2019年
    小学校数(校) 26 2019年
    中学校数(校) 14 2019年
    高等学校数(校) 8 2019年
    持ち家数(戸) 41550 2018年
    借家数(戸) 33370 2018年
    小売店数(事業所) 1567 2016年
    飲食店数(事業所) 1378 2016年
    大型小売店数(事業所) 32 2016年
    百貨店・総合スーパー数(事業所) 5 2016年
    図書館数(館) 1 2018年
    労働力人口(人) 82977 2015年
    就業者数(人) 79840 2015年
    第1次産業就業者数(人) 3923 2015年
    第2次産業就業者数(人) 14264 2015年
    第3次産業就業者数(人) 56126 2015年
    自市区町村で従業する就業者数(人) 64810 2015年
    他市区町村への通勤者数(人) 10714 2015年
    財政力指数 0.59 2018年
    実質収支比率 2.1 2018年
    ※出典:統計でみる市区町村のすがた2021(総務省統計局)
    PAGE TOP