Regional
移り住む人を支援する地域口コミサイト

神奈川県川崎市

 3.1/5 (24)
読み方 かわさきし
総面積 14,301 ha
総人口 1,538,262 人
747,452 世帯(2020年時点)
川崎市公式ホームページ
川崎市川崎区、1128年に建立された川崎大師(平間寺)

川崎市ってどんな街?ざっくりした特徴は?

  • 「川崎タンタンメン、かわさき餃子、久寿餅」などは、川崎市ならではのご当地グルメ、郷土料理
  • 「QDレーザ、オンコセラピー・サイエンス、不二サッシ、三菱化工機、ゼロ、ファルテック、シーボン、富士通ゼネラル、東亜石油、日本開閉器工業、東京応化工業、さいか屋、東計電算、文教堂、メディアグローバルリンクス、ペプチドリーム、シスウェーブホールディングス」は川崎市に本社を置いている上場企業
  • 「誰もがいきいきと心豊かに暮らせる持続可能な市民都市かわさきをめざして」が川崎市のキャッチコピー
    目次
  1. 川崎市に移住する魅力、住みやすさ、メリットや満足度は?
  2. 川崎市に暮らしてわかるデメリット、不満や注意点は?
  3. 川崎市で愛される、人気のある飲食店、ご当地グルメやソウルフードは?
  4. 川崎市内で住むのにおすすめのエリア、あまりおすすめしないエリアは?
  5. 川崎市の子育てのしやすさ、医療費の助成、保育や進学面の充実度は?
  6. 川崎市の公共交通インフラ(電車、バス)の利便性、地元の道路事情は?
  7. 川崎市の生活にかかる水道光熱費(電気、ガス、水道)の高さ、低さは?
  8. 川崎市のごみの出し方、分別のルールや指定ごみ袋の有無、回収の頻度は?
  9. 川崎市内の住宅費の相場感、選択肢の豊富さ、住宅事情や家探しの注意点は?
  10. 川崎市を移住先に選んだ理由、移住の決め手になった出来事やアドバイスは?

川崎市に移住する魅力、住みやすさ、住んでわかるメリットや満足度は?

評価平均  4/5 (1)
  • 川崎市は都市機能の拡大が進んでいます。都心までのアクセスが良く、横浜方面にもすぐに向かえる距離で、市内の主な駅周辺にはショッピングモールや商業施設が連なり、生活の買い物も便利です。

    川崎市というと治安の悪いイメージがあるかもしれませんが、近年は小さな子どもと母親に優しい支援施設が多くできていたり、住みやすさが以前より上がってきていると感じます。
     4/5
    2021年11月29日
  • 川崎市を知るからこそわかる魅力、実際の生活を送る上での住みやすさ、住んで感じるメリットや満足度、誇らしく感じたり自慢できると思える点、どんなタイプ、考え方の移住者の方におすすめかをぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    川崎市に暮らしてわかるデメリット、不満や注意点、後悔や失敗を感じることは?

    評価平均  2/5 (4)
  • 宮前区の五所塚、多摩区の桝形辺りの地域は不便でおすすめしかねます。どちらも高台の地域で眺めは良いものの、道路も狭く、傾斜が急な場所もあり、最寄駅までのアクセスも良くありません。起伏が多い土地は若い時はまだ大丈夫ですが、高齢になったら心配も出てきます。自然が豊かで郊外に理想の家を建てたいという人もいるかもしれませんが、役所や警察、図書館なども全て遠くなるため、日常生活で車も欠かせなくなります。
     2/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    30代後半
    女性
    2022年2月22日
  • 多摩区の中野島に住んでいますが、この辺りは買い物できるスーパーはたくさんあるものの、病院や家電量販店、家具などを購入できるような目立つ店は殆どありません。そういった場合は隣の登戸か稲田堤まで出ていく必要があります。また、中野島駅には改札が2つありますが、登戸方面の改札は基本的に閉じており、通勤ピークの時間帯4時間ほどしか開いていません。切符も登戸方面改札では購入できず、チャージもできない為、予めスイカなどのカードを持っておく必要があります。
     2/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    30代後半
    女性
    2022年2月2日
  • 川崎市の中でも麻生区は全体的に山の地域です。住宅地として開け、区内に電車の駅は多くありますが、坂道が多く、アップダウンがあるエリアです。そのため、高齢になってくるとそれらの負担が原因で転居される方が増えていく感じです。また、都会に近い住宅地の割には考え方が古い、昭和っぽい価値観の高齢者が一定数いる気がします。今の時代は共働きが当たり前ですが、地域の行事との折り合いを求めてくるので苦労します。
     2/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    40代前半
    女性
    2021年12月28日
  • 川崎市と言うと、沿岸部の工業地域のイメージが強いようですが、市内は広く、北西部の田園都市線沿線は閑静な住宅街となっています。この田園都市線の沿線地域は都心からのアクセスも良く、比較的経済的余裕のある家庭が多く、子供の教育にも熱心な家が多いと感じます。

    ただ、田園都市線は朝の通勤ラッシュ時間の混雑が壮絶です。時間をずらして朝6時台の電車にするか、フレックタイムを利用して時差通勤をする方がおすすめなくらいです。
     2/5
    40代前半
    男性
    2021年11月5日
  • 川崎市での暮らし、生活を知るからこそわかる大きな不満や小さな不満、他の都市や街と比較して感じるデメリットや注意点、実際に移住してみて後悔した、失敗したと感じたこと、どんなタイプ、考え方の移住者の方にはあまりおすすめできないかをぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    川崎市で愛されている、人気のある飲食店、ご当地グルメやソウルフードは?

    • 川崎市内にあると言われている飲食店数は「4,987」(事業所ベースの統計・2016年時点)
    評価平均  3/5 (1)
  • 川崎区東田町にある老舗イタリア料理店「モナリザン」は1955年に最初は喫茶店として創業し、そこから長らく地元で愛され続けているレストランです。店舗は2階建てでこじんまりしていますが、休日のランチ時間帯には外で待つ人もいる人気店です。ランチにはドリンクバーとスープバーがあり、自家製のスープ2種(野菜スープとコーンスープ系)がとても美味しい上にお代わりも自由で、「キャセロール」というグラタン風のスパゲティが名物料理になっています。価格も1000円前後のものが多いので財布にも優しいというのが嬉しいポイントです。
     3/5
    同じ都道府県内から引越して住んでいる
    30代前半
    女性
    2022年2月1日
  • 川崎市で長らく愛され親しまれている、人気の飲食店、その店の看板メニュー、ご当地グルメ、ソウルフード、昔から受け継がれている郷土の食文化等をぜひお教えください。
    (低←標準3→高)

    川崎市でこれから住むのにおすすめのエリア、またはおすすめしないエリアは?

    評価平均  3.5/5 (10)
  • 高津区から宮前区にかけての東急田園都市線沿線のエリアはおすすめできます。東急田園都市線は東京メトロ半蔵門線に直通で乗り入れているため、渋谷、表参道、大手町方面へのアクセスが便利です。また、東急田園都市線の溝の口駅からはJR南武線と大井町線に乗り換えが可能で、都内の主要な場所に乗り換え1回で行ける場合がほとんどです。このエリアは住環境としても自然が多く、大きな公園なども多いため、ファミリー層が住みやすいと思います。
     4/5
    地元出身でずっと地元に住んでいる
    20代後半
    男性
    2022年5月9日
  • 川崎駅周辺に住むなら西口エリアを選んだ方がいいです(幸区中幸町周辺)。この辺りは歓楽街があって治安が良くない川崎駅の東口エリアとは雰囲気が違い、治安の面でも安心できる住環境です。コンビニ、スーパー、薬局なども複数あり、日常生活の全ては近所で完結できます。また、一番の売りは日本でも屈指の売り上げを誇る大型商業施設、ラゾーナ川崎(駅直結)が近いことです。近隣に大きな公園もあり、桜の季節にはお花見もでき、総合病院もあるので何か病気をした場合でも安心できます。
     3/5
    地元出身でUターンして再び住んでいる
    50代前半
    女性
    2022年4月12日
  • 転勤して来た時に麻生区の百合ヶ丘駅周辺に住み始めましたが、住心地は比較的良いです。最初は各駅停車の電車しか停まらないのでイマイチだなと思っていたのですが、隣の新百合ヶ丘ほど家賃は高くなく、庶民的で住みやすい地域です。スーパーや薬局、幼稚園や保育園などの場所もある程度固まっていて、コンパクトに集まっている感じで動きやすいです。近くで一通りの買い物は済みますし、家族で休日を過ごせるくらいには充実しています。
     3/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    20代後半
    女性
    2022年3月7日
  • 登戸もおすすめできます。小さい町ではありますが、ここ最近駅周辺に店も増え始めました。移動面でもJR南武線と小田急線があるため、川崎方面に向かうのも新宿方面に向かうのも便利な立地かなと思います。休日には子供たちが公園で元気に遊んでいますし、すぐ近くには多摩川や生田緑地などもあり、自然環境は豊かです。ここ最近開発が進み、駅周辺には分譲、賃貸マンションが次々と建てられています。これから住もうかと考えている方には適している場所の1つだと思います。
     4/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    30代前半
    男性
    2022年3月3日
  • 最寄駅が中原区の武蔵小杉駅ですが、この場所が気に入っているのでおすすめできます。武蔵小杉に引っ越してくる住民はファミリー世帯が多く、特に結婚してから引っ越してきたような夫婦が多いように感じます。駅周辺には小さな子供を遊ばせることができる施設も多く、ママに優しい街だと感じています。この街に住んでいて思うのは自然と都会の融合です。川沿いを散策すると開放的で緑があります。一方で駅までの距離が近く、周辺にはたくさんの商業施設があり、電車は5路線が通っているため、あらゆる場所に乗り換えなしで行くことができます。便利さと落ち着きを兼ね備えた街だと思っています。これから子育てをする夫婦には向いているエリアだと思います。
     4/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    20代後半
    女性
    2022年2月25日
  • 多摩区周辺に住んでいますが、他の人が思うよりは比較的住みやすいです。静かな住宅地が多く、治安も良いところが多いです。また、登戸駅はJR南武線と小田急線が通っているため、乗り換えはあるものの、新宿や渋谷など都内へのアクセスは便利な面もあります。JR南武線なら武蔵溝の口駅から田園都市線への乗り換えも可能です。

    多摩川近郊に住んでいると、多摩川沿いを散歩してリフレッシュしている人も多く、東京の中でも癒しがある場所だと感じます。交通面でも国道246号線や国道20号線が近くにあるため、大きな道路に出やすく、車での移動もスムーズかと思います。
     3/5
    同じ都道府県内から引越して住んでいる
    20代後半
    女性
    2022年2月22日
  • 高津区周辺に住むのもおすすめできます。東急田園都市線の沿線エリアで都心へのアクセスも約20分なのでとても楽です。また、溝の口駅周辺に住んだ場合は東急田園都市線だけでなく、JR南武線、小田急線への乗り換えもできます。道路の面では国道246号線が基幹道路として通っていて、東名高速道路のインターチェンジもあります。さらに多摩川があるので適度な自然気分でサイクリングやジョギングも楽しめます。ここ数年、子育て世帯を中心に人口が増えており、活気ある街になっています。
     4/5
    地元出身でずっと地元に住んでいる
    30代前半
    女性
    2022年2月18日
  • おすすめは中原区にある元住吉駅周辺だと思います。元住吉駅は東急東横線の沿線になりますが、渋谷から17分、新宿から30分、横浜から15分という立地にあり、通勤や通学を考えるなら大変便利です。唯一、急行の電車が停車しないのが難点ですが、その分隣駅の日吉や武蔵小杉よりも家賃などが安く、穴場になっています。元住吉は駅を挟んで東西に長く商店街があります。東にオズ通り、西にブレーメン通りがあり、昔ながらの店もあったりして生活に必要な物は全て揃います。広い公園や病院もあり、本当に暮らしやすいです。
     4/5
    地元出身でUターンして再び住んでいる
    40代前半
    女性
    2022年2月16日
  • 川崎市の中ならラゾーナ川崎と呼ばれる大型商業施設がある地域の近くに住むのがおすすめです。ラゾーナ川崎はJR川崎駅から直結していて、交通面でも買い物の面でも利便性が高いです。近隣にはタワーマンションをはじめとした建物が増えていて、人口もどんどん増えています。

    一方、川崎駅を挟んで反対側、川崎モアーズ側は素行の良くない少年や大人達が溜まりやすく、夜の店が集中する地域なのであまりおすすめしません。もし家族で住むなら子育て環境も気になると思いますが、この地域は治安がいいとは言い難いかなと思います。
     3/5
    地元出身でずっと地元に住んでいる
    20代前半
    男性
    2021年12月14日
  • 個人的には中原区辺りがおすすめです。近年の宅地開発の影響で人口が急増していて、マンションや商業施設の整備が進められています。特に中原区の武蔵小杉駅エリアはJR南武線、横須賀線、湘南新宿ライン、東急東横線、目黒線が通っていて、都内の主要駅に概ね一本で行くことができる立地です。よくニュースで武蔵小杉駅の混雑状況が取り沙汰されますが、コロナ禍の影響もあってなのか最近は緩和されてきています。

    逆にあまりおすすめしないのは川崎区です。JR川崎駅の海側が該当エリアですが、昔からの工業地帯である分、治安面に疑問が残る気がします。他の区と比較すると不審者情報が多いかなという印象です。このエリアはバスなどの交通網は整備されているため、生活や通勤通学の不便は感じないと思います。
     3/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    30代後半
    男性
    2021年12月8日
  • 川崎市内への移住を検討している方のために、これから住むのにおすすめのエリア、またはおすすめしないエリアを1つだけ挙げ、具体的な理由、特色等をぜひお教えください。
    (低←標準3→高)

    川崎市の子育てのしやすさ、自治体のサポートや助成、保育、進学面の充実度は?

    • 川崎市内で暮らす15歳未満の子供の人口は「184,135人」(2015年時点)
    • 川崎市内にある幼稚園の数は「82(園)」、小学校は「118(校)」(2019年時点)
    • 川崎市内にある中学校の数は「58(校)」、高校は「25(校)」(2019年時点)
    評価平均  3/5 (3)
  • 0歳から中学校卒業までは医療費の助成が受けられますが、中身を見ると通院医療費を全額助成してもらえるのは小学校3年生までだったり、中学生に関しては入院医療費のみの助成であったり、そこに1歳以上から所得制限が付けられていたりと、子育て支援に積極的な別の都市と比較するとまだまだの状況だと思います。待機児童に関しても非常に厳しい状況だと思いますが、認定こども園の数は多いため、そちらを視野に入れればどこにも入れないということは起こらないかと思います。その他、病院やクリニックの充実度に関しては、川崎市内でも郊外や外れた場所に住まない限りは、困ることはないと思います。
     2/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    30代前半
    女性
    2022年3月3日
  • 川崎市の子供向けの医療費助成は年々延長されています。今は年収制限はあるものの、基本的には中学校卒業までになりました。ただ、タワーマンションが数多く建設されたきた経緯もあり、待機児童数はかなり多い方だと思います。年々保育園の数は増えていますが、やはり追いついていないのが現状のようです。
     3/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    30代後半
    女性
    2021年12月10日
  • 川崎区に住んでいるため、川崎区の状況しかわかりませんが、子供の医療費については中学校まで補助があります。また、医療施設に関しては駅前に遅い時間まで診察してくれるクリニックもあるため、仕事の都合で遅い時間しか病院に行けないという方でも通いやすいと思います。

    公園は大きいところから小さいところまでたくさんあり、比較的子供を遊ばせやすい環境です。あと、雨の日などは商業施設に行けば施設内にもプレイルームや遊ばせるスポットがあるので安心です。

    待機児童に関してはあまり詳しい情報を聞いたことがありませんが、やはり人気の園になると倍率も高いそうです。中学や高校に関しては希望する進路によって市の内外、都内や横浜方面にも通えます。
     4/5
    30代後半
    女性
    2021年11月10日
  • 川崎市内で子供を育てる場合の全体的な子育て環境、自治体の出産、子育て相談、医療費助成のサポート状況、いざという時の医療機関の充実度や不足度、子供の保育先や待機児童について、教育進学先の選択肢の多さ、少なさ等をぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    川崎市の交通インフラ(電車、バス)の充実度、利便性の良い地域、良くない地域、地元の道路交通事情は?

    評価平均  2/5 (1)
  • 川崎市内を南北に走るJR南武線の沿線に住んでいますが、朝夕の電車は概ね5分間隔くらいで運行しているため、本数自体に不満はありません。ただ、車両の数が6両のため、とても150万人を超える都市の中枢を走る電車としては短いのでは?と感じてしまいます。

    もう少し郊外を走るJR横浜線でも8両編成で運行しており、この2両の差が混雑を助長させる要因になっているのでは?とも考えます。通勤ラッシュ時はホームに人が溢れる場合もあり、電車を待つのも危険な時があるのは改善して欲しいです。
     2/5
    30代前半
    男性
    2021年11月11日
  • 川崎市の公共交通機関(電車・バス)の充実度、利便性の良い地域、良くない地域、路線数や運行本数の多さ少なさ、運賃の高さ低さ、地元の道路交通事情等をぜひお教えください。
    (低←標準3→高)

    川崎市での生活にかかる水道光熱費(電気、ガス、水道)の高さ、低さは?

    • 川崎市の水道料金の目安は「2,278円/1ヶ月(口径13mm、使用量20m3の場合)」。全国平均3,241円(2019年度)
    評価平均 投稿がありません
    他の市区町村と比較して、川崎市で暮らす上での水道光熱費(電気、ガス、水道)が高い、低い、標準程度か、ぜひ実情を詳しくお教えください。
    (低←標準3→高)

    川崎市のごみの出し方、分別のルールや指定ごみ袋の有無、回収の頻度は?

    評価平均  3/5 (1)
  • 分別は可燃ごみ、不燃ごみ、ミックスペーパー、缶、ペットボトル、瓶、段ボール、小物金物という形に分かれています。回収については小物金物以外は週1回以上となっています(小物金物は我が家のエリアでは毎月第1、第3火曜日)。川崎市の場合は指定のゴミ袋がなく、透明または半透明の袋に入れて出せばOKです。ただ、ミックスペーパーのみはルールが厳しく、ビニール袋に入れて出しても集めてもらえません。紙袋でまとめるかガムテープでまとめる必要があります。ごみの出し方については川崎市は厳しくない方だと思います。
     3/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    40代後半
    男性
    2022年3月22日
  • 移住を考えている方のために、川崎市のごみの出し方、分別のルールや指定ごみ袋の有無、回収の頻度、自治体のルールについて思うことなどをぜひ詳しくお聞かせください。
    (低←標準3→高)

    川崎市内の住宅費の相場感、物件タイプ、間取りの選択肢の豊富さ、住宅事情や家探しの注意点は?

    評価平均  3.3/5 (3)
  • 高津区には1Kの一人暮らし用の家もファミリーが住める2LDKや1LDKの家も多いです。ただ、立地がいいので土地代は高めで、賃貸の家賃も川崎市内の中では割高だと思います。駅からかなり離れていても10万以内で2LDKや1LDKに住むのはなかなか厳しく、古い物件をリノベーションしている賃貸などを探すのが穴場かなと感じます。ちなみに築浅の物件は家賃が高く、家の広さもそんなにないため、子供がいる家庭は難しいかもしれません。それでも地元で住みやすい街なので離れられませんでした。
     4/5
    地元出身でずっと地元に住んでいる
    20代後半
    女性
    2022年1月18日
  • 中原区に住んでいますが、賃貸で住むなら駅から徒歩15分以内だと1LDKでも家賃は12万円前後すると思います。駅の周囲に賃貸物件は多くありますが、最近は駅近の大型分譲マンションも増えてきています。ちなみにいいなと感じた新築の戸建住宅の販売価格は6000万くらいで出ていました。マンションを買う場合も家族向けの3LDKになると5000万以上はする感じです。私の家の場合は駅から徒歩25分、最寄りのバス停から3分ほど、3LDKの中古マンションで3800万円でした。
     3/5
    他の都道府県から移住して住んでいる
    30代後半
    女性
    2022年1月13日
  • 川崎の中でも住む区や物件の中身次第の面はありますが、1LDKの賃貸で10万円程度が大まかな相場だと思いますので、東京23区内と比較すれば安い方だと感じます。武蔵小杉周辺になると家族向けのマンションが多くなり、少し古めの2Kの賃貸マンションで15万円以内くらいで借りられると思います。ちなみに両隣の新丸子駅、元住吉駅に関しては、武蔵小杉の相場から1、2万円家賃を下げられる物件も結構あります。
     3/5
    同じ都道府県内から引越して住んでいる
    20代後半
    男性
    2022年1月12日
  • 川崎市内の住宅費用(賃貸、購入、土地価格)の相場感や傾向、どんな物件タイプ(戸建、マンション、アパート)、間取りの物件が多いか少ないか、この地域特有の住宅事情やご自身の住宅費用の実例、家を探す際の注意点やアドバイスをぜひ具体的にお聞かせください。
    (低←標準3→高)

    川崎市を移住先に選んだ理由、移住の決め手になった出来事、注意点やアドバイスは?

    評価平均 投稿がありません
    全国に様々な市区町村、移住候補先が存在する中で、最終的に川崎市を選んだ理由、移住の決め手となった出来事、どんなタイプ、考え方、価値観を持った移住者の方に川崎市はおすすめか、注意点やアドバイスをぜひ具体的にお教えください。
    (低←標準3→高)

    川崎市の人口、医療、学校、就業者等の統計データ

    総面積(k㎡) 143.01 2019年
    総人口(人) 1475213 2015年
    15歳未満人口(人) 184135 2015年
    15~64歳人口(人) 972976 2015年
    65歳以上人口(人) 279482 2015年
    転入者数(人) 101602 2019年
    転出者数(人) 90984 2019年
    総世帯数(世帯) 691837 2015年
    婚姻件数(組) 10303 2019年
    一般病院数(施設) 33 2018年
    一般診療所数(施設) 987 2018年
    歯科診療所数(施設) 760 2018年
    医師数(人) 3489 2018年
    歯科医師数(人) 1069 2018年
    保育所等数(所) 352 2018年
    幼稚園数(園) 82 2019年
    小学校数(校) 118 2019年
    中学校数(校) 58 2019年
    高等学校数(校) 25 2019年
    持ち家数(戸) 329200 2018年
    借家数(戸) 346900 2018年
    小売店数(事業所) 6812 2016年
    飲食店数(事業所) 4987 2016年
    大型小売店数(事業所) 160 2016年
    百貨店・総合スーパー数(事業所) 9 2016年
    図書館数(館) 14 2018年
    労働力人口(人) 702036 2015年
    就業者数(人) 676420 2015年
    第1次産業就業者数(人) 2620 2015年
    第2次産業就業者数(人) 133765 2015年
    第3次産業就業者数(人) 491816 2015年
    自市区町村で従業する就業者数(人) 192519 2015年
    他市区町村への通勤者数(人) 446401 2015年
    財政力指数 1.01 2018年
    実質収支比率 0.2 2018年
    ※出典:統計でみる市区町村のすがた2021(総務省統計局)

    関連記事

    1. 中井町

    2. 松田町、西平畑公園の奥、コキアの里に咲くネモフィラ

      松田町

    3. 開成町

    4. 秦野市、中央運動公園(カルチャーパーク)のバラ園

      秦野市

    5. 鎌倉市の稲村ヶ崎海浜公園からの景色

      鎌倉市

    6. 横須賀市、横須賀港から見える艦艇

      横須賀市

    7. 寒川町

    8. 小田原市のシンボル、北条三代の歴史、難攻不落の城と言われた小田原城

      小田原市

    9. 茅ヶ崎市、夏のサーフィンと奥に見える烏帽子岩

      茅ヶ崎市

    10. 山北町

    11. 座間市

    12. 南足柄市の狩川沿い、早咲きの桜として知られる春めき桜

      南足柄市

    PAGE TOP